自販機の下で

切り取って、削りだした先にこそ「おもしろい」が宿る

NIPPON-明治維新-

(プレイ時間が)重量級「NIPPON-明治維新-」
先日やっておもしろかったのですが、インストかなり難しく、とちったため、自分用にサマリを。
解釈間違ってるところあるかも。




  • 手番
    • 労働者駒をとる(とった場合、最低ひとつ以上そのアクションを実行)
    • パス(ソフトパス=メイパス)
  • 実行可能なアクション(できるだけ同じ色の労働者をとったほうがいいよ。統合整理参照)
    • 新たな産業への投資(工場作る)
      • 工場1枚を選択し、6千円払って建設(1つのみ)
      • 建設には工場レベル(1/2/3)に見合った知識レベル(2/4/6)が必要
      • 知識レベルは青写真タイルで一時的に積み増し可
      • 工場たてたら、即時/永続の効果を得る
    • 機械化(工場の生産能力UP)
      • 1回5千円払って、1〜3回分機械化タイルを置ける
      • ひとつの工場につきプラス2まで。そのまま生産能力にプラスされる
    • 商品の生産
      • 工場に書いてあるぶんの石炭(黒コマ)をとりのぞき、商品をひとつ(プラス機械化分)生産
      • 保管上限の4を超えて生産はムリ
    • 知識or鉱山
      • それぞれ千円/三千円/六千円払って、1/2/3の知識トラックor石炭トラックを進める
    • 鉄道or船
      • それぞれ五千円/一万円/一万五千円払って、1/2/3の鉄道タイルor船タイルを置く
      • 鉄道は影響力(通常はプラス2)を増加、船は地域決算で1位か2位だったときにボーナス(通常はプラス2点)
      • 複数置くときは、必ず違う地域に
      • 上下のスペースに意味はなく、船も鉄道も設置可
      • 鉄道と船が両方なくなったスペースができるごとに、収入がプラス1
    • 輸出(契約タイルの達成)
      • 輸出タイル左上に示されている契約を1〜3個達成
      • どのタイルからでもいいし、どの商品で達成するかも問わない
      • 即座に左下の点か円を得て、右下の収入分だけ収入トラックを進める
    • 国内市場
      • 1〜3枚の影響力タイルを商品の需要に応じて置くことができる。
      • 置いたら即座に地域に対応したボーナス(五千円/石炭2個/2青写真/2勝利点)を得る
      • 対応する商品を1〜3個とって、そこに置く。商品は工場のレベル・個数によって価値が異なるため、ボード参照。
      • 複数の影響力タイルを置く場合、同じ地域にしか置けない
      • 影響力タイルは、より大きい数字を置く場合、自分のものも他人のものも上書き可能
      • 海外勢力に対しては、上回っていなくても上書き可能。(得点計算では、海外勢力も含めて2都市の合計で地域の影響力を問う)
      • 複数工場を建てる場合、影響力タイルの枚数に注意。だいたいのタイル、1枚しかないよ!(ない場合、数字が下のタイルを使うのは可)
    • 統合整理(6個労働者スペースが埋まったら自動。それ以外は自分で選択してやる)
      • お金と石炭を一度すべて破棄
      • 働者駒の数に応じた褒賞タイルを獲得(ない場合、数字が下のものなら得られる)し、即座にボーナス(五千円/2青写真/戦記譚2個)を得る
      • 褒賞タイルを即座に自分のボードの功績スペースにのせる
        • (これ以降動かせない。最終得点計算に影響する)(ゲーム中全て埋まるわけではないので注意)
      • 労働者に給料を払う。1色につき三千円(つまり、労働者の色はできるだけ同じものをとったほうが安い)
      • 賃金を払えない1色ごとに2点失う(まず払って、もし足りなかった場合)
    • 3ラウンドあり、各ラウンドで得点計算。
      • さらに最終ラウンドは得点計算のあと、いちどお金と石炭を破棄し、収入トラック分の資金を得て、労働者に給料を支払って計算
      • それぞれの功績タイルのぶんを、乗数を反映して加算。左肩に何も乗数がない場合、その功績はゼロ。(全部埋まるとは限らない)


中古ボードゲーム[破損品] ニッポン:明治維新 (Nippon)

安寧の地はないのか

空気も春っぽいし、ゆるふわを自称して生きていこうと思う。




「八十五のばあさんに、文章なんて書けるわけがない」
とはうちの祖父の言葉だが、九十四になる自分は今度句集を出すとか言っている。
全くの矛盾だ。

先日、祖母に日記をプレゼントした。
昔から書いていた3年日記を、昨年の祖父の入院を機に止めてしまったと聞いた。
「手帳が小さくて使いづらい」と愚痴をこぼす祖母に、
そんなに書きたいならまた日記を、と買ってきたものだ。

もうひとつ日記を買った大きな理由がある。
祖母の”記憶の齟齬”が増えたためだ。
祖父が最近検査入院したことをきっかけに、覚えなければならない医療のことや、
祖父の介護を中心に日常の中に新しい「手順」が多く増えた。
増える情報に反して、祖母の記憶力が追いつかない。

洗濯、掃除、洗い物、花の手入れなど、もう60年以上つづけてきたことは、
危なげなく淡々とこなしてゆく。
一方で、機器操作など”新しい手順”に関しては衰えを感じざるをえない。
昔から使っていたラジオのボタンの場所や、テレビのリモコン操作、携帯電話のボタン操作など、
何度確認しても、記憶からこぼれ落ちていってしまう部分がある。
ものごとの正確な日時についても「記憶違い」が増え、
話をするなかでのちょっとした齟齬が家族との口論になる。
日記をつけることが、彼女の”外側の記憶”になってくれるだろうか。


タイムラインで「ネットの世界に安寧の地はない」という文字を目にした。
確かに一言ネットに晒した時点で、それは”公開”となることが多い。
mixiでも。facebookの「友達限定」でも。

私たちは、安寧の地としての「文章置き場」を求めているのではないか。
メモ帳では味気ないが、公開したいわけではないく、「交換日記」をしたいのだ。
そんなサービスは数多あるのだろうが、かといって、
そのどれもが多くの視線に対して「しっかりと守られているのか」については疑問を残す。

公開を当たり前として文章を書くよう身体を変えるのか。
まだ見ぬ安寧の地を求めてネットをさまよいつづけるのか。
当たり前にインターネットに文字を落とし続ける私たちは、選択を迫られ続ける。


インターネットに触れない世代の「日記」はどんなものだったのか。
友達が減ったと嘆く彼女の話し相手に、三年日記はなるのだろうか。
数十年書道で鍛えた腕は健在で、力強い字が紙に踊る。
どこまで続くかわからないし、毎日続くわけでもない。
それでも、そこが彼女の安寧の地であって欲しいと願っている。

インターネットは、いつかエンデに会いに行く

id:Yamakatsu言霊 - Yamakatsu Blog を見てから、
もやっとしたままほったらかしにしていたので、忘れないうちに書いとく。
もやっ。ふわっ。ぽん。って感じ。

タイムラインはもちろん流れてゆく。
振り返られることはほとんどなく、
それはネットの地表へと堆積し、膨大な層をつくる。

流れ行く情報は本当に死んでしまったのだろうか。
想いは甦ることはないのだろうか。
インターネットは墓場でしかないのだろうか。

Googleは散らばる情報から”検索”で浮かび上がらせ、
膨大な情報を、ひたすら保存する「アーカイブ」団体も多く存在する。

「私」に適合した情報は、ある程度引き出せる。
では何が、溢れてしまっているのだろうか。

原因は蔓延する「飽き」ではないか。
ツイートを流し読むその作業には、
繰り返される「はらへった」への飽きが存在する。
我々はおもしろいことばかりでも飽き、
難しいことばかりでも飽きるのだ。

もっと底から沸き上がる息吹を新鮮に受け止めることはできないだろうか。
あの人の笑顔は、「私」の笑顔にならないだろうか。
コミュニティは狭くていい。なくてもいい。

それは集合無意識かもしれないし、羽生さんの「大局観」かもしれない。
必要なのは、メタではなく、流れに身を任せて感じるその「感覚」だ。

それはありえない情報過剰摂取の先にあるのか、
デバイスの進化によって生まれるのかは見えないが、
いわゆる”キュレーション”の次の段階であることは間違いない。

我々の現実での「感覚」をより近くしてネットに移植することが、
新たな「空間」そして「娯楽」を生むのではないか。

生み出される空間は、より現実的に我々に迫ってくることになり、
「私」は最後に現実に帰ってくるのだ。
それはネットと現実を行き来する「私」の”はてしない物語”だ。

漠然と、そんな希望を抱いている。

あなたのイーハトーブを探す-人生は回るオルガンのように-

どうしても心から離れてくれない番組がある。

ドキュメント20min.「人生は回るオルガンのように」
手回しオルガンを演奏し続ける石川さんというかたの密着ドキュメントだ。

「生徒に1をつけられない」という理由で高校教師をやめた石川さんは、
今日も道の駅でオルガンを弾き続ける。
手回しオルガンを語る時、
「幸せという気持ちはない、ただオルガンを弾きたいという気持ちがあるだけ」

その世界は宮沢賢治そのものだった。
”西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行って怖がらなくてもいいと言い”
人々の重荷を一身に背負い、ただ、オルガンを回しつづける。

オルガンという翼でとびつづける「よだかの星」だ。

私たちがなぜ生きるのか、なぜ働くのか、なにを求めるのか。
考えて、考えて、考えて、ただ涙するしかなかった。
私はこれから、私にとってのオルガンを探すたびに出るのだ。

付き合ってない人から先回りでフられる夢を見た。
2週間くらい前によんだ2chのまとめスレの内容に似てたのでたぶんそれだ。

知ってる人の顔だったんだけど、
その人の名前が全く違う知り合いのもので、
なんか違う人が演技してるみたいだった。

自虐的だが、
続きが気になったので二度寝したら、
バス、逃した。

自販機の下

さきほど、自販機の隙間に100円落としました。

なんていうかこう、入る範囲で指くらいまでは入れたけど

ぜんぜん届かず

すごすご引き下がりました。

すべての自販機の下の隙間を埋めて回る存在になりたい

みんなの幸せのために。

そんなことを思ってこのタイトルにしました。

嘘です。

どうぞよろしく。